改善が見られる

双極性障害のほとんどはうつ病から発症すると言われています。症状の緩和おいては、両方の部分を考慮した薬の治療が急がれます。メリットは、改善の兆しを自身で感じ取れることです。

» 詳細を確認する

併用は大事

薬を服用すれば治せる双極性障害ですが、中には改善が見込めず諦めている人もいるでしょう。しかしそれはまだ早いです。薬と併用して精神療法を組み合わせていけばより改善へと向かうのです。

» 詳細を確認する

元気になる為に

双極性障害の治療と取り組み

双極性障害は、その昔躁うつ病呼ばれていた病気です。うつ病のうつの部分と、躁うつの躁が症状として繰り返されるのが一般的な症状です。うつの場合は、気分障害であることが多い為自分自身で気付くことができますが双極性障害の場合、気分が良いと中々自分が病気である自覚を持つことができません。原因としては、うつ病の場合人間関係や家庭環境、急な環境の変動によって発症することが分かっています。対して双極性障害の場合、原因がまだはっきりしておらずどれが正しい情報なのかを提示することができません。一つだけ分かっていることはうつ病が大きく関係していることです。この事から、双極性障害の約半数がうつから始まっているというデータも出ています。これらの精神疾患は、専門の病院で治療をきちんと続けていれば完治が可能ですし、有効的な薬の開発もなされています。自分は大丈夫と考えず、少しでも異変を感じた場合は早急な治療をして予防に徹することができます。

メンタルクリニックについて

遺伝子的な部分も、双極性障害が関係していると言われています。それも、一つの遺伝子だけではなく複数が絡み合っているのです。しかし、それが全ての原因とは言われていません。少なくとも生活環境が関係しているという見解を出しているのが現状でもあります。とは言え、育った環境や現在の生活環境は個人によって異なるものです。複雑な家庭環境で慢性的なストレスがそのまま成人まで引き伸ばされているのであれば、うつ病といった精神疾患に発展するのは時間の問題です。また、仕事による人間関係も双極性障害を発症させる原因と言われています。他にも、社交性の高い人間程双極性障害に発展しやすいと言われており、これらの原因が複雑に絡み合ったことで重症化する傾向があります。これらの症状を放置すると、元気になるどころか自身の命を失う危険性があることを忘れてはいけません。少しでも思い当たる節があれば、早急に専門の病院へ受診し、治療を受けることが今後重要になるのです。

双極性障害には、完治の可能性があります。現在の治療や取り組みでメジャーなのが、「薬物療法」と「精神療法」です。 「薬物療法」には、気分安定薬や抗精神病薬、抗うつ剤や睡眠薬の投与等があります。 双極性障害治療の中心になるのは、気分安定薬です。気分の安定とは、「躁」と「うつ」のムラを減少、安定させる事を意味します。治療の開始時から投与される事が大抵です。 「精神療法」には、心理的な援助・教育や認知行動療法、対人関係療法や社会リズムの改善等があります。 精神療法に関しては、どれが治療の中心であると断言する事が厳しいですが、一般的には認知行動療法が一番メジャーと言えます。 認知行動療法は、認知の歪みを改善させる事を目的とします。事実を、事実として受け取る能力を鍛えます。

メンタルクリニックは、双極性障害等の症状を抱える人が訪れます。また、その家族や友人や知人が利用する事もあります。敷居は低く設定されているので、気軽に訪れる事が可能です。 利用は大抵、電話予約から始まります。本人による予約だけではなく、家族が実行する場合が多いです。 次に、クリニックを訪れます。双極性障害の場合は本人の症状が比較的緩やかな時が理想的です。本人が、穏やかな気持ちで受診出来ます。 クリニックでは、受付が実施されます。初診の場合には、問診表に記入します。丁寧に、けれどもある程度手を抜いて記入します。 順番が来れば、診察が行われます。専門医の質問に回答したり、逆に質問をしたり、相談事を打ち明けます。信頼関係が構築された後でも、構いません。ゆっくりでも大丈夫です。 会計が済めば、終了です。 以上が、一般的な、メンタルクリニックの受診です。気軽に訪れてみれば、少しは気が楽になります。

方法について

双極性障害の主な治療方法は薬になりますが、他にどのような治療を行っているのか今一度確認をしておきましょう。場合によっては自分に合わない治療法もある為、改善が遅くなる可能性があります。

» 詳細を確認する

症例について

薬といってもただひたすら服用するだけでは双極性障害の根本的な解決に至ることはありませんので、症例を見て今後の治療に役立てることができます。ここでは病院に通院するメリットが数多く潜んでいます。

» 詳細を確認する

確認すること

双極性障害は、自覚症状がないのが特徴ですが正しい薬の治療を行う為にはやはり受診時に気をつけるべきことが多数あります。それを確認し、パートナーや家族と共に改善へ向かわせましょう。

» 詳細を確認する

継続は大事

再発率が高いと言われている双極性障害なので、薬の治療を行っていても症状がぶり返すことがあります。その為長期間に渡る通院が最も大切になるので、負担にならない為にも通える範囲で病院を探しましょう。

» 詳細を確認する