症例について

主に薬を使用した方法が一般的ですが、日頃の生活スタイルに変化を与えてあげると尚良いでしょう。双極性障害の基本的な治療法は薬と精神療法の二つに分けられますが、生活習慣においてもいくつか改善をすると病院で行う治療の効果を上げることができます。生活習慣は、個人で異なりますが精神疾患を患うと食事の量が減ってしまいます。しかし、効果的な治療を進めていくうちに、双極性障害の状態も薬などの併用で大分緩和されていきます。食欲が出始めたと感じた場合は、多めに摂取するのではなくバランスの採れた食事を心がけましょう。この時、量は腹八分目またはそれ以下に抑えることが重要です。専門の病院で処方される薬は、大変効果が高いものとして多くの患者に役立っています。食欲が出てきたのもまた、効果的な治療と薬による結果だといって間違いありません。また、双極性障害は一種のストレスが原因でもある為休息時間を多めに取ることを忘れてはいけません。大事なことは何も考えないことです。双極性障害になる人の特徴は、頑張りすぎる人と完璧主義者です。たまには手を抜くといった習慣を身につけることで更に薬の効果を上げることができるのです。

症例を見ると、会社で活躍している人程双極性障害に悩まされていると感じます。この場合、気分は常に絶好なので何をやっても失敗しないといった気持ちになっていることが多いです。周囲が異変を感じた頃には、未完成の企画書がずらりと机の上に散乱しています。途端に、うつ状態になってしまい家族の懸命な説得の元、見事完治したという話を聞きます。双極性障害は、場合によって家庭や今の環境を破綻させる可能性が高いです。そうなってしまう前に、薬を使用した治療が急がれるのです。